2015年02月08日

磐越西線「あいづ」が廃止へ

DSCN0827.JPG
2009年3月13日 郡山駅構内にて

1968年(昭和43年)から運行を続けてきた「あいづ」(現在はあいづライナー)が今年3月14日のダイヤ改正を機に廃止されるようです。

以前は上野から会津若松を直接結ぶ特急列車として運行されていましたがその後も様々な形式(名称がビバあいづという郡山〜会津若松間の特急になったりあいづライナーという快速になったりなど)に変更されながらも名称だけは引き継いついできた「あいづ」

車両老朽化が理由らしいですが今年から「福島ディスティネーション」が始まるのだから車両が変わっても名称ぐらいは残していても良かろうと思うのですけどねえ。いっそのことすべての快速をあいづライナーに統一したほうがわかりやすいと思うのですが。

ともあれ485系を撮影できるチャンスは少なくなってきたわけで3月13日までは週末撮影ポイントがにぎわいそうです。

あいづの遍歴を知りたい方はこちらをクリック

中山宿駅20070607_02.JPG
2007年に中山宿駅構内にあった特急あいづのパネル。
こちらはまだ現存なんだろうか?
春になったら旧駅再訪問もかねて確認しに行きたいものです。

posted by 朝霞ながもり at 18:06| 福島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島県内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライナーの名前はぜひ名前残してほしいものです。

この車両の後がまが何になるかも注目でしょう。
Posted by ラビット at 2015年02月10日 13:58
後継は名称無しで719系かなあ

ただ土日を中心にフルーティアが投入されるので
観光電車の灯は消えないようです
Posted by あさかながもり at 2015年02月11日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。