2011年03月21日

避難範囲外は安全です!

ツイッターでツイートしたけど専門家や政府、県が宣言している「安全」

「避難範囲外なら放射線測定値から言って健康的に問題はありません!!」

で終息していれば不安が少ないのにかならず「万が一」「念のため」という言葉が付け加わる。

万が一の場合を考えて外出を控えろ、雨にぬれるな、濡れたらシャワーを浴びろ...

普段生活している場合雨に濡れるからと言って外出控えるか?
濡れたからと言っていちいちシャワー浴びるか?
「万が一」になった場合どのような症状が出るんだ?

結局「安全」じゃないんだろうと疑うのもしょうがない。

関係機関が言う「安全」の定義ってなによ?

まぁびくびくしてもしょうがないから出かけてるけどちょっと腑に落ちない話。


<追記>
ブログ記事を書いた後にこんな記事見つけました。
放射能の影響をどうとらえたらよいのか?
要するに科学者の立場からは「絶対」という言葉は出ないそうです。
「安全」という定義にこだわらないほうが良いのかもしれません。
posted by 朝霞ながもり at 16:09| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。