2011年10月24日

2011年10月23日 開成山公園

開成山20111023.JPG
2011年10月23日の郡山市開成山公園
そこには見慣れた風景はなかった。
除染ということで芝生は撤去され土の表面を剥ぎ取り山積みになった土。
現在郡山市のいたるところで見ることができる風景です。

原発事故以前は芝生の上で桜を見たり子供が遊んだりする市民の憩いの場でした。
この風景が戻ってくることを願います。
開成山20090413.JPG
2009年春の風景です
タグ:郡山市
posted by 朝霞ながもり at 08:23| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 郡山市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

ダン・ウェルドンが事故死

dan01.JPG
インディカードライバーで2011年のインディ500の勝者ダン・ウェルドン選手が10月17日早朝(日本時間)に行われたインディカーシリーズ第17戦ラスベガスで15台をのクラッシュに巻き込まれ亡くなられました。
選手のご冥福をお祈りいたします。
上記写真は2009年シーズンでパンサーレーシング所属時

2004年2005年とインディジャパンで連覇しているので日本にもファンが多い選手の一人です。
自分も応援しており2009年にサインを頂いていたので残念でなりません。
dan02.JPG
2009年サイン会で撮影しました

インディジャパンではダン・ウェルドンという文字をなぞって毎年のようにダンウェル丼という特別メニュー屋台が出ていました。残念ながら売り切れで一度も食したことはありませんでした。
dan3.JPG
こちらは2010年シーズンの屋台。2011年は参戦がなかったので屋台も出店していませんでした。

今シーズンはフル参戦できませんでしたがインディ500参戦のほか次期インディカー車体開発テストもやっていたらしく更に安全性向上をさせたマシンでの来季フル参戦を期待していたのですが。

安全性とスピード、迫力この矛盾する問題をモータースポーツは常に持っています。だからこそ事故が起こってしまった以上、その死を無駄にすることなく安全性のさらなる向上を目指していくしかありません。
posted by 朝霞ながもり at 00:25| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

チケット半券で振り返るF1日本GPの歴史

明日から開幕のF1日本グランプリ。
チケットにはその年の注目すべきマシンが描かれています。
そこでチケット半券ギャラリーでその歴史を振り返ってみたいと思います。
(ブログ主が観戦に行ったのは96年からです。学生時代は金がなくて行けなかった)
f1-1996.jpg f1-1997.jpg f1-1998-2.jpg f1-1999.jpg

F1-2000.jpg F1-2001.jpg F1-2002.jpg F1-2003.jpg

F1-2004.jpg F1-2005.jpg F1-2006.jpg F1-2007.jpg
ちなみに2006年は興行チケットではありません。
この年は鈴鹿サーキットでのF1開催20周年とF1興行ラスト(と言っても諸事情ですぐに再開されたのですが)を記念してメモリアルチケットが発行されレース終了後に興行チケットとの交換が行われました。

1998年だけなぜか観戦券と指定券が一体になって発行。
通年は指定席で見る場合上記観戦券のほかに指定席券が必要でした。

2007年チケットはボロボロです。
観戦時は雨が降り続き、観戦終了後は雨の中3時間30分のシャトルバス待ち。
過酷な観戦でチケットホルダにも雨が侵入してしまいました。

2008年からは観戦に行ってませんので機会と予算が許せば行きたいとは思っているのですが...
とりあえずF1でなくとも良いので久々に鈴鹿市に行ってみたい。
posted by 朝霞ながもり at 10:25| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。